MENU

便秘を解消するための6か条

便秘を解消するための6か条を紹介したいと思います。まずは便秘を解消するためには早寝早起きをして生活のリズムを整えて規則正しい生活をするようにしましょう。それが便秘解消、便秘予防の基礎になります。そして、朝起きたら寝起きに水をコップ1杯の無用にしましょう。これは朝起きてすぐに水を飲むことで腸のぜん動運動を活発にさせて便意を起こさせて便秘解消につなげるのです。そして生活の中では適度に水分補給をするようにしましょう。水分補給をしないと、便が固くなって出にくくなり、便秘につながってしまいます。

 

それから四つ目は便秘解消、便秘改善のためにも、朝食をきちんと取るようにしましょう。朝食を食べると腸が動き出しますからそれによって便意を誘発されて便秘知らずになります。それから食生活の見直しも大切です。食生活を見直して、食物繊維が豊富に含まれているものを食べるようにしましょう。最後に便秘解消のポイントとなるのは適度な運動です。運動不足は体以外にも、体の中の腸の働きも鈍くしてしまいますからそれが便秘につながってしまいます。出来れば、便秘解消のためにも、適度な運動を毎日の生活の中に取り入れるように心がけましょう。

便秘のお腹の症状

便秘の時になるお腹の症状を紹介したいと思います。まずは便秘の時に良くある症状だと思いますが、お腹が張るといった症状があります。これは便秘でガスが溜まっていることが多くて、おならが出にくくて便とガスの両方が溜まったことによってお腹が張ったような感じがすることがあります。お腹の張りが気になるくらいの便秘は少し注意が必要な便秘です。便秘のお腹の症状で、腹痛がありますが、腸にたまってしまった便やガスが、腸の中から出れないことから腹痛が起きるといわれています。肛門で便が詰まってしまって、それでも腸が便を肛門に送ろうとして動いているときに腹痛を感じるといわれています。特に、腸がたるんでいる部分に腹痛がおきやすいといわれていて左の腹部の腹痛が便秘では多いといわれています。

 

それから便秘で腹痛の症状として食欲がなくなってくると言う症状があります。これは腸の中に便がたまりすぎて食欲が出ないのだそうです。便秘がひどくなると吐き気がすることもあります。腸の動きが悪くなったことから吐き気を伴う症状が現れることがあるそうです。これらが主な便秘の時のお腹の症状ですが、便秘の症状がひどくなると腹痛がひどくなって、場合によっては熱が出てしまったり炎症を起こすこともあるそうですから注意しなければ行けません。

便秘の治療と生活習慣

便秘を治療するためには生活習慣を改善させることが大切だといわれています。生活習慣を見直すことで便秘を改善することが出来ます。例えば生活習慣の見直しでは排便習慣をつけることも便秘の解消につながります。朝起きて、腸の運動が行われると便が動きます。そしてきちんと朝食を食べることで腸の動きがより活発になりますから朝食はきちんと食べてそれから15分くらいしてから排便する習慣をつけると便秘の解消につながるでしょう。また、運動不足の人は毎日の生活の中に軽い運動を取り入れていくことで便秘の解消につながるといわれています。

 

そして他にも生活習慣の改善で便秘を解消する方法としては、便がしたいと思ったときには、出来るだけそのタイミングを逃さないことです。この便意を逃してしまうと神経が鈍くなって、便秘が常習化するとも言われていますから便意があったらすぐに行く用に心がけましょう。そして精神的なストレスを出来るだけためないことです。精神的なストレスによって自律神経が乱れてしまうと腸の働きが悪くなって便秘になりますからストレスをためない生活にすることも便秘の解消につながります。生活習慣を見直せば薬などに頼らなくても便秘を解消することが出来ますからまずは生活を振り返ることから始めましょう。